取材ノートから:このサイトについて

レストランの写真

  • 京都市内の中心部にある飲食店の来店レビュー
  • 予算は5,000円まで(食事+軽く飲む)
  • お店へは最寄り駅から徒歩で15分以内(市バスは利用しません)
  • 特集記事のほか、バーやコーヒー専門店、カフェ、甘味処なども紹介しています。
  • 毎月1日に定期号を配信、臨時・増刊号あり。

お店を訪問した際の感想などを書き留めている取材ノートで、カテゴリーの各ページで公開している以外の、サブカテゴリーのような項目を順次アップしています。

取材ノートとメルマガのバックナンバーから抜粋

メルマガ「京都たべあるき」に掲載した情報を収録するためのサイトとして、当初はブログ形式で運営していたのですが、現在は情報量を大幅に減らしました。

これは、メルマガの趣旨が「飲食店のレビュー」ゆえ、ブログとして記事を投稿し続けると、時間の経過とともに情報が古くなり、修正や削除といった作業が頻繁に発生します。

また、SNSを日常的に使うのが当たり前ですから、古い情報が拡散されてしまいかねません。

ですので、このサイトの現状としては、トップページのみ、最新の状態に保つように更新を続け、それ以外の個別ページは参考として残してありますが、いずれ削除するかもしれません。

» トップページに戻る

趣旨がミシュランのビブグルマンと重なってしまう事態に

2006年4月よりブログ(ココログ)で、京都市内のグルメに関するレビューを書き始め、2013年2月にリスト形式に改変、同年6月にドメインを取得しました。

現在は、メルマガで先行配信し、一部を抜粋して掲載しています。

メルマガでは、増刊号にて、バーやコーヒー専門店、カフェ、甘味処なども紹介

当初から「予算5,000円まで/最寄り駅から徒歩で15分以内」を基準に、京都市内のお店を選んできたわけなんですが、予算については、あのミシュランのビブグルマンと完全にかぶってしまっています。

ビブグルマンというのは、ミシュランガイドで星の格付けと合わせて公表されるようになった指標の一つで、「おおよそ5,000円以内でコースやアラカルトが提供されており、星は付かないまでもコストパフォーマンスが高いレストランのこと」と説明されています。

そして、イタリアンもしくはフレンチのレストランに限定していたものを、2016年版から、ビブグルマンで京都市内の和食店や居酒屋といったお店も選定されるようになり、おこがましいとは思いつつ、コンセプトがほぼ同じといった感じになりました。

※当方では、飲み物抜きの食事代が“3,500〜4,000円”を基準にしています

それで「ミシュランガイド京都・大阪2016」を買ってみたら、これまで紹介してきたお店が多数あって、もうこの際、“次年度のビブグルマン予想”サイトということでもいいのかなと思ったくらいです(笑)

したがって現在では、ビブグルマンに選出されているお店以外をレビューするようになりました。