焼きしゃぶしゃぶ@和風肉料理 藤むら

藤むらさんの看板といえば、薄切りにしたロースを、さっと焼いて火を通し、ねぎポン酢で食べる、焼きしゃぶしゃぶ。いやはや、おいしいですね。

これを目当てに通っていると言ってもいいくらいの、薄くスライスしたロース肉をさっと焼いて、柚子入りのおろしポン酢で食べる焼きしゃぶ。

和風肉料理 藤むら

京都市下京区仏光寺通油小路西入ル北側
(堀川通から仏光寺通を東へ入って50mくらい、四条大宮駅から10分ほど)

イチボのたたき

友人から「藤むらさんという焼肉屋さんを知ってる?」との連絡。

なんでも、先輩が行きたいと言っているので、出張で京都へ出向いた際、よかったら一緒にどうかということで。

最近は、ネットに情報が上がっていますから、狙いは決まっていたようで、その一番がイチボのたたき。実はこれ、お品書きにはありません。

イチボというのは、ランプ(お尻の肉)の先端で、肉質がやわらかく、ユッケもこの部分を使うんだとか。

表面を強火で炙ってあり、じんわりと油が浮き出ています。おろしニンニクと特製だれを少しつけて、旨味を味わってください。

※数に限りがあるので、わりと早い時間帯でも売り切れている場合あり

焼きしゃぶしゃぶ

近江牛の霜降り肉(特選ロース)が、薄切りで出てきます。

これをロースターでさっと炙って、おろしポン酢と七味で。これが、おいしいんですよ。

焼きすぎると脂身が溶けて旨味が流れるので、注意してください。

牛たたきと焼きしゃぶ

バンガローさんから5分もかからない場所にあります。

ご飯を食べる約束をすると、決まってここだった知人が転勤してしまい、このところはすっかり足が遠のいておりまして、久しぶりに牛たたきを味わいたい気分。

ここでも何度か紹介していますし、読者さんから「良かったです!」や「また行きます!」と、 好評だったことを窺い知る連絡をよくもらうお店でもあります。

ちなみに、名物は、さっと火を通して、おろしポン酢で食べる「焼きしゃぶ」です。

牛たたき

早い時間帯に行くと、もも肉を炙った牛たたきがあり、これは数量限定の裏メニュー。

注文するのは、塩こしょうだけで十分という、ロースかヘレ肉。これが本当においしくってね。雰囲気としては、デートには不向きかな。

ロースとヒレ肉がメインの焼肉屋さん

カウンターと4人掛けが3つ、壁に掲げられたメニューはそれほどなく、地元の人達には知られた焼肉店ということで、常連のお客さんが多い様子。

ロースやヒレ肉がメインであって、ホルモンはタンやミノ、レバーくらい、そのロースはステーキの形で皿にのせられ、これはやはり塩焼きがいいですね。

牛肉のたたきも

また、知人の話によると、最近は生肉を提供されていないようで、たたきがある時は口頭で教えてくださるようですよ。←これもおいしいんですって。

昔ながらの焼肉屋さんといった感じですから、洋服に匂いがつきますので、ご注意を。

阪急・大宮駅から10分かからないくらい

界隈で人気の焼き肉屋さんですよね。ちょっとした打ち上げに呼んでもらっていたので、楽しみにして行ってきました。

20席あるかないかくらいの店内は、平日でも夕暮れ前には満席になり、ステーキっぽく塩焼きで食べるといった感じでしょうか。

名物の「焼しゃぶしゃぶ」を堪能して大満足でした。