アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン エクストラ 490ml×24本
喉越しとして、炭酸は強めに感じます
来店レビューを書くために食べ歩きに出かけると、どうしても食べ過ぎてしまいますから、今までの赤ラベルから「機能性表示食品 ウィルキンソン タンサン・エクストラ」に乗り換えました。

マルゲリータ@Pizzeria Napoletana Da Yuki ピッツェリア ナポレターナ ダ ユウキ

前菜からピザ、デザートまで、とても丁寧に仕事がしてあるのが感じられ、これは口コミで広がるなって、毎度のことながら思います。今回、久しぶりに来店してみて、見た目に派手さはないけれど、おいしい。これこそ素材を生かしたDa Yuki ダ ユウキさんらしさだと改めて確認できました。

Pizzeria Napoletana Da Yuki ピッツェリア ナポレターナ ダ ユウキ

京都市左京区岡崎円勝寺町36-3
(地下鉄・東山駅から10分ほど、京都文教小中高の北側あたりの疎水前にあります)

マルゲリータ

毎度のこと、マルゲリータとマリナーラです。

ふっくらした生地に酸味のあるトマトソースと、さらに濃厚な風味のモッツァレラチーズを味わうなら、この2つ。これらを熱々で頬張る。もうたまりません。

ビブグルマン2017年版で初選出されましたから、ますます予約が困難になるんでしょうね。

マリナーラ

これ、好きなんですよね〜

ビザを食べに行って、チーズ抜きだなんてと思われるかも知れませんが、生地にトマトソース、ニンニク、オレガノというシンプルさがいい。

高温の薪窯で焼き上げるから、水分が飛んでトマトの濃厚な味わいが楽しめ、これが実においしく、1枚ぺろっと食べることができるんです。

予約困難

ピッツェリアとして、京都市内では先駆的なお店ですし、大人気となって予約が困難という状況は、今もって変わっていない様子。

今回は、知人が予約したところ、欠員が出たということで、棚ぼたで行ってきましたよ。

久しぶりだったので、素材の味わいがストレートに出る「マルゲリータ」と「マリナーラ」が目当て。もちっとした生地と、これは前にも書いたかな、端っこの香ばしさも好きなんです。

聞いたところによると、入荷した日のみの提供となるからか、フンギ(きのことハム、モッツァレラとパルミジャーノ)が人気とのこと。

モッツァレラのスモークピザ

やっぱり一番はマルゲリータかと思うのですが、モッツァレラのスモークピザもおすすめ、マリナーラもあります。

豚バラ肉のロースとなど、ピザ以外のお料理も充実していますね。

夜は必ず予約を

オープンは2007年だったはずだから、薪釜を備えたお店としては京都市内でも早かったこともあって珍しく、それと本場ナポリで修行したシェフによるピッツェリアという噂は、あっという間に広がりました。

16席しかないとなれば、満席で予約なしでは入ることさえできず、それでテイクアウトをしてみても、焼きたてのおいしさとは歴然と違うから、何とか席をキープして、まずはマルゲリータを食べてみてください。

マルゲリータ

ソースやチーズがついていない端っこの、やや焦げた部分は、もっちりとした生地そのものを味わうと、これがあってのマルゲリータなんだなと、いつも思うわけなのです。

前菜も多数あって、生ビールやワインも用意されていますから、夜なら単にピザだけでなく、前菜から始めて、デザートにエスプレッソまで、しっかり食事をするつもりで出掛けてくださいね。


※2011.4.13記載「京都・岡崎のイタリアン:ピッツェリア ナポレターナ ダ ユキさんで、マルゲリータを

場所は、地下鉄・東山駅から徒歩10分ほどで、左京消防署岡崎消防出張所の東隣。京都文教学園のすぐそばにあり、疎水が目の前の、ビルの一角がお店になっています。

まぁ〜相変わらずの人気で、予約の取りづらいことったら。料理がおいしいことも特筆すべきことだし、ぜひ夜に立ち寄って下さい。

前菜から始まるワクワク感

薫製モッツァレラのマルゲリータ:生地とトマトソース、モッツァレラのおいしさが融合した一品。一番の人気というのも納得だし、やはりおすすめです。

ビスマルク:こちらは切り分けると半熟のたまごが流れ出す、それを絡めつつ食べます。他に具だくさんのピザがありますが、初めての来店なら、このふたつのどちらかは注文してみてほしいです。

鮮魚のカルパッチョ:ちょうどいい頃合いの、味付けがジャストといった感じ。魚は仕入れによって替わりますから、ドレッシングも合ったものが使われていて、いつもおいしいのです。

ドルチェの盛り合わせ:鮮やかに盛り付けられてくるのですが、アイスクリームがおいしいと思うんです。シンプルな味わいなのに、特にチョコやナッツ系だと深みとコクがあって、コーヒーともよく合うんです。

休日は予約が必須

初めてだと迷うかも知れません。地下鉄・東山駅から古川町通を北へ通り抜けたところが京都文教学園で、その塀沿いを進んだ先。ビルから飛び出たような一角の窓越しに、ピザ釜と積み上げられた薪が見え、ビルの横に立て看板と出入り口があります。

ナポリピザ専門店ですからピザがメインなのですが、前菜からメインにもなりそうな料理、デザートまで、メニューを見ると、きっと選ぶのに迷うと思います。

楽しい食事

そうなると、あれこれ注文したくなりますし、金曜や休日の夜は間違いなく予約なしでは入ることができないことを考えると、4人くらいで来店するといいと思います。

生ハムとモッツァレラ、鶏レバーのパテ(素焼きのクラッカーおいしい)、海老のフリットもおすすめ。前菜を盛り合わせてもらうこともできますよ。あと、薪窯ロースト(豚肉や鶏肉、子羊、鴨などがあります)も旨味たっぷりです。

ちょっと書き切れないですね(笑)

周辺情報:鴨鍋と鴨せいろ@そば処 桝富さん

路地をほんの少し入ったところにあって、お蕎麦屋さんなのですが、寒くなった頃に食べたくなる鴨鍋も名物のひとつ。あっさりした出汁と特製ポン酢で食べる鴨肉は、お酒とよく合いますよ。野菜もたっぷり添えられていて、最後にお蕎麦も。

京都市東山区三条通白川橋西入ル、北側の路地先の東側
(地下鉄・東山駅出入口1番すぐ、白川の畔にあります)

salon&barうえとさん

いい意味でサロン化しているように思えて、(初来店だと戸惑うかも知れないけれど)何度か行くうちに打ち解けて楽しめるような感がします。

なんて言うんでしょうね、一見さんを避けているというのではなく、こういうものなんだなって分かれば、あれこれ気にならなくなるはず。

いろいろ噂を聞くのですが、取り立ててどうこういうものでもないと思いますね。

京都市東山区三条通白川橋西入ル南側
(地下鉄・東山駅出入口2番からすぐ)