かしわ天ぶっかけ@自家製麺 うどん讃式

2014年3月のオープンながら、京都市内で讃岐うどんならと、名前を聞くことが増えました。

麺は本場よりもやや細めに切って出しているとのことで、それと、かしわ天が人気のようでしたよ。

自家製麺 うどん讃式

京阪・清水五条駅から北側歩道を東へ200mくらい

肉うどん

お店の前を通ることはあっても、ランチタイムだと行列なので、時間の都合で入れない。

とある日のこと、雨だったからか、並ばずに済みました。

食べたことがないはずと、肉うどんを注文してみたら、牛丼の白飯がうどんに入れ替わったような一品。

出汁との相性が良くて、七味ともよく合うから、まさにって感じですよ。

麺切れで営業終了

個人的に好きで、よく行きます。

今では、すっかり知られるところとなり、お客さんが増えている様子で、以前よりも賑やかですね。

麺切れの時点で営業終了ですので、夕方の早い時間帯までを目処に。

讃岐うどん

最近では、すっかり知られるところとなり、時には早めの店じまいという日もあるようです。

コシのある讃岐うどんで喉越しがいいですし、ぶっかけは、やや甘めで濃いめのつゆと炒りごまがよく合っていておすすめ。

※ぶっかけには練り梅が添えられており、酸っぱいですから、苦手なら抜いてもらったほうがいいかも

かしわ天ぶっかけ

オープン直後くらいに紹介して、それから行く機会がなく、先日、仕事先からの帰りに、やや遅めのお昼ごはん。

暑くなってから特によく出るようになりましたとのことで、麺のおいしさもさることながら、かしわ天、この組み合わせはいいですね。


周辺情報:京都の洋食の名店@コリスさん

ランチとして考えれば、単価が高いですからそこそこの支払いにはなりますが、本格的なビストロ料理の数々に、お客さんの笑顔がこぼれます。黒板から迷いつつ選ぶのが楽しくて、それにたっぷり用意されるバゲットもうれしい。

京阪・清水五条駅から10分くらい、松原通沿いにあります

喫茶店@cafe Violon(カフェ ヴィオロン)さん

若い店主さんによる喫茶店という雰囲気で、ホットコーヒーには深煎りの豆を、アイスコーヒーは水出しという、苦味もおいしさのうちといった姿勢。ひとりで来店されるお客さんがわりと多くて、みなさん、コーヒーを飲みながら思い思いに過ごしておられます。

京都市東山区松原通大和大路東入ル
(六波羅蜜寺すぐ)