京赤地鶏の焼鳥@常木屋

京町家のおしゃれな焼鳥屋さんとして紹介されることが多いんだけれど、その焼鳥は炭火で程よく火が通されてあっておいしいのです。ねぎまや肝、つくね、ぼんじりあたりで京赤地鶏の旨味を味わってもらうとして、もも肉には柚子胡椒が添えられ、せせりの塩麹焼き、やげん軟骨の塩焼きもおすすめ。

常木屋

京都市下京区綾小路通東洞院東入ル南側
(地下鉄・四条もしくは阪急・烏丸駅から5分くらい)

豚軟骨の角煮

塩焼きで、ねぎまに軟骨、手羽先、豚バラ。

この中だと、豚バラが良くて、知人が追加でオーダーしていました。

こちらは、おつまみも見逃せないってことで、自家製の厚揚げは、ふわとろ(外はカリカリ)の逸品なれど、とにかく熱いので注意を!

鶏むねとチーズの湯葉春巻やニンニクの丸揚げ、とろっとした豚軟骨の角煮、せせりの甘辛揚げあたりは、

ビールによく合うと思いますよ〜

せせりと軟骨

前々から一度ぜひと言われていたので、知人と同僚の方々で行ってきました。

せせりは、肉汁がぶしゅと出てくるほどのプリプリ感。軟骨を塩焼きで、これは歯ごたえが抜群ですね。

この日は、全般的にタレで注文しました。
(最後につけて軽く炙った程度というのがいい)

名物の熱々「自家製の厚揚げ」やニンニクの素揚げなど、知人は、焼き鳥以外でも唸っておりました。

※週末の夕方の早い時間帯は、必ず予約を

豚軟骨の角煮

焼き鳥のことは、今まで何度も紹介してきたので、今回は、おすすめの一品「豚軟骨の角煮」

スタッフさんから「売り出し中です!」と言われて注文してみたら、これがまぁ~トロトロに煮込まれていて、評判がいいというのも確かかも。

ビールにもよく合うと思いますから、焼き鳥が出てくるまでにいかがでしょう。

鶏もも塩焼き

「四条烏丸あたりで仕事が終わるんだけど、今夜どう?」っていうお誘いがあって、そんなわけで予約なしで出向いたところ、すんなりと着席できて意外な感じ。

肝や砂ずり、せせり、つくねをタレで、鶏むねワサビなんかもいい味だったし、個人的には鶏ももの塩焼きがおいしいと思いました。

それで、出る頃には待っているお客さんがいて、タイミングが良かっただけのようでした。

焼鳥と自家製の厚揚げ

このあたりにも飲食店が増えて選択肢が多くなったわけだから、以前のような勢いはないにしても、平日でも入れ替わりながら席が埋まっていきます。

焼鳥が目当てだというのはもちろんとして、自家製の厚揚げのほか、牛ミノポン酢や豚トロなど、一品料理もおいしいんですよね〜

熱々の自家製厚揚げ

また、牛串(部位別に数種類)と野菜串も用意されているのでメニュー数はかなり多く、1串100円からという、普段遣いできる値段なのもうれしいところ。

これも定番の自家製の厚揚げは、熱々ふわふわ、外はかりっとで人気だし、せせりの甘辛揚げや鶏からポン酢、鶏レバーのパテもよく注文されているように思いますよ。


※2012.2.22記載「京都・四条烏丸で焼鳥:常木屋さんでとりユッケを

知人に連れられて久しぶりに行きました。こちらは焼鳥屋さんなれど、一品料理もおいしいんですよ。

地鶏なので噛み応えのあるしっかりした肉質で、もも肉のたたきやとりユッケなども人気のようですよ。

焼鳥も定番の部位は地鶏本来の旨味が感じられ、煮込みや唐揚げもぜひ。それに看板商品の「厚揚げ」は、ちょっと驚くはずです。

四条烏丸から東側歩道を南へ一筋目、地下鉄(出入口3番)の看板を東へ、一筋目を越えた先。軒先の看板がやや見えづらく、暖簾や灯りを目印に、向かいは台湾料理店です。

もも肉のたたきととりユッケ:どちらも表面を炙って香ばしく仕上げられてあり、もも肉のたたきは歯ごたえと肉の旨味を、とりユッケは肉の持つ甘みを感じさせる、そんな調理になっています。

とりポンしめじと煮込み:とりポンしめじはポン酢の酸味を効かせたスープ仕立てで、寒い時期には特にいいですね。煮込みは鶏肉がほろほろと、こんにゃくに脂の旨味が絡みついて、これもおいしいです。

焼鳥:部位としては一般的なものがほぼ揃っています。苦手なので食べなかったのですが、一緒に行った人の話だと、こころや肝は臭みがなく、いい味だとのこと。個人的には、せせりの塩焼きがおいしかったです。

厚揚げ、その他:こちらも焼鳥屋さんでは定番の焼いた厚揚げなんですが、表面はカリッと、豆腐はとろとろ、やはり人気商品だけあって違います。それに鶏皮おろしポン酢もおすすめ。以前に食べたものでは、自家製のレバーパテがおいしかったですよ。

女性のお客さんが多かったです

焼鳥屋さんのイメージからすると、焼鳥以外の料理にも力を入れておられるような気がするし、それがまたいいお味となると、今回もそうでしたが、焼鳥を食べる前に一品料理をかなり注文してしまいますね。

メニューにも水菜のサラダなんかがありましたし、焼鳥だけじゃなく料理がおいしいとなれば、女性ふたりや女性グループのお客さんがいるのも納得といった感じがします。

お値段も支払いの際に思ったほど高くないんだなって、食べた品数を考えると確かにそうですし、落ち着いた感じの客層ということもあって、ゆっくりと食事ができる雰囲気です。


周辺情報:スパイスチャンバーさん

スパイシーで辛さのバランスがいいキーマカレーと、バージョンアップを繰り返しているチキンカレーの2本立て。発汗作用で夏場は困ると言いつつカレーマニアが集うカレー専門店です。