[閉店]十割蕎麦と和モダン@蕎麦yuki

女性の店主さんによる十割蕎麦は、自家製粉の手打ちで、最初にぜひ、塩または山葵だけで食べてみてほしいとのこと。

打ち放しのコンクリートのビルに、カフェのような店内と、お蕎麦屋さんっぽい雰囲気はありませんが、蕎麦そのものの味わいは本物。さん使われていますし、こういったお店ではやはり、定番ものよりも季節の味を楽しみたいですよね。

蕎麦yuki

京都市北区上賀茂今井河原町66、Tree'sビル地下1階
(京都府立植物園の北側、フォルクス北山通店さんの向かいにあります)

閉店

「移転準備のため一旦休業、新しい形でリニューアルする予定」とのことで、2015年12月末をもって閉店というアナウンスがありました。

それに気づくのが遅くて、お伺いすることができませんでした・・・残念。

基本の十割蕎麦

お蕎麦というのは、やっぱり奥が深いものなんですね。

こちらでは、基本の十割蕎麦をざるかぶっかけ、または温かいつゆで、それ以外には、びびっと辛いカレー蕎麦などがあります。

行くたびに何か変わっているので、試行錯誤しつつ、独自のお蕎麦を追求されているようです。

北山で新しい形の蕎麦屋

十割蕎麦は、香りが良くて山葵ともよく合い、塩味の蕎麦粥もおいしく、風変わりなところで“からすみ蕎麦”や“刺激的カレー蕎麦”などもぜひぜひ。

それと、「蕎麦ピザ」というのがあって、蕎麦粉と蕎麦の実、小麦粉で作る生地にチーズと具材がのっているのに、蕎麦の香りと食感を楽しむことができる一品です。