京都グルメリスト

京都市内にある和食やイタリアン、ビストロ、中華、エスニックなどのグルメ情報を配信するメルマガ「京都たべあるき」の来店レビューから、最新号とバックナンバーの一部を抜粋して掲載しています→このサイトについて

Coffee Cup

メルマガから抜粋「おすすめの一皿」

和食・割烹:予約は数ヶ月前に@食堂おがわさん

前菜となる一品料理からお造り、焼き物、お鍋や蒸し物、揚げ物または天ぷら、それに棒寿司、土鍋で炊かれる白飯もしくは炊き込みご飯も何かしら用意されています。人気店ですから、予約は早めに。

京都市下京区西木屋町通四条下ル、2筋目の路地の中程

先付けは鯛の昆布締めの酒盗和え@御食事処乃 福松さん

牛肉を焼いてもらったり、う巻か出汁巻のどちらかをいつも必ず、そうこうしているうちに近くの席から朴葉味噌のいい香りが漂ってくる。「季節の野菜の天ぷらもおいしいんだよ」と言うと、「作りましょうか」と声かけがあって、「ええ、ぜひ」と、友人は答えておりました。「それから、何か地酒を」とも。

京都市中京区衣棚通三条下ル東側


蕎麦:鴨鍋@そば処 桝富さん

路地をほんの少し入ったところにあって、お蕎麦屋さんなのですが、寒くなった頃に食べたくなる鴨鍋も名物のひとつ。あっさりした出汁と特製ポン酢で食べる鴨肉は、お酒とよく合いますよ。野菜もたっぷり添えられていて、最後にお蕎麦も。

京都市東山区三条通白川橋西入ル、北側の路地先の東側(地下鉄・東山駅すぐ)

蕎麦前@通しあげ そば鶴さん

蕎麦を食べる前に、お酒を飲みながらつまむ一品料理(蕎麦前)を日替わりで揃えることで知られており、夕方からはこれを目当てに訪れるお客さんがたくさん。

京都市左京区高野玉岡町74(叡電・一乗寺駅から約10分)

街の定食屋で十割の手打ち@京味菜わたつねさん

焼き魚定食もあれば、とんかつ定食もありほかには丼物も揃っていて、夕方からは居酒屋のようにもなります。内装なんかもそのまんまなのですが、二八や十割の手打ち蕎麦が人気で、新蕎麦が入荷すると表に張り紙が出ます。

京都市中京区柳馬場通三条上ル東側、綿常ビル1階


イタリアン:奥さんが調理、旦那さんがサービス担当@ワインとおばんざい ルシュルシュルさん

女性ひとりのお客さんが、ふらりと立ち寄る姿をたびたび見かけるのは、気取らない雰囲気だからかも。定番で、今や看板とも言っていいはずの「上ナポリタン」は、強めに燻製されたベーコンと濃厚なトマトソースの組み合わせ。

京都市中京区麩屋町通二条下ル東側、第二ふや町ビル1階

ナポリピザ専門店@PIZZERIA MARITA マリータさん

今では京都市内でも薪のピザ窯は珍しくありませんが、現地で修行し、毎年イタリアでの研修を欠かさず、本場を感じさせるピッツェリアは創業から5年ほど経ち、すっかり知られるところとなりました。

京都市中京区堺町通蛸薬師下ル西側

Pizzeria Da Naghino ピッツェリア ダ・ナギーノさん

本場ナポリを体感して欲しいと、薪釜から日々の食材まで輸入し、メニューにしても、ピッツァはもちろんのこと、前菜やデザートも抜かりなし。生地は薄く伸ばされてはあるけれど、食べ応えがあって、粉の香りなのか、独特の風味が鼻から抜けていきます。ピッツァが、わりと大きいので、前菜から始めるなら、人数分より1枚減らすくらいがいいかも。

京都市中京区三条通東大路西入ル南側


ビストロ:一乗寺の名店@Alsace アルザスさん

お料理の質と量からしてリーズナブルだし、特にシュークルートなどの煮込みには定評あり。バゲットも独特の風味があって、これが好きというお客さんも多いですね。店主さんが一人で切り盛りされているので、必ず予約を。

京都市左京区一乗寺西閉川原29-9(叡電・一乗寺もしくは修学院駅から10分くらい)

1人に1本のバゲット@LES DEUX GARCONS ビストロ レドゥ ギャルソンさん

オープン当初から話題になり、今では雑誌の特集などでピックアップされる常連の1つ。調理を担当するのはフランス人のシェフとあって、本場の味わいと雰囲気があります。

京都市左京区下鴨上川原町3(北大路橋の東詰の北側、地下鉄・北大路駅から約10分)

Brasserie Cafe ONZE11 オンズさん

前菜は、人参と胡桃のラペ、田舎風パテ、黒オリーブのタプナード付きのバケット。メインに牛赤身肉のステーキとフリットを選んでみたら、塩胡椒だけで十分というくらいの、旨味ありありでしたよ。パテのフレンチマスタードが、心なしか多めだったように思うのですが、普段はカウンターに座りますし、お話をしたこともあるので顔を覚えられているのかも(笑)

CANTINE AU DISCO カンティーヌ オー ディスコさん

麩屋町通四条から移転後、ランチで何度か利用するも、ディナータイムは今回が初めて。アヒージョの残りのオイルに浸したバゲットに、生ハムの塩気と生地の香ばしいガレット、これらもまた白ワインに合う感じ。チーズの盛り合わせにしても、ちょうどいい熟成のものが並んでいるし、「ここに来ると飲みたくなる」という話に、なるほどなと思ったのでした。

Cuisine Bar Cafe Pic Nic ピクニックさん

フランスの伝統的な手法で作るパテドカンパーニュやリエット、テリーヌ、ハム、サラミ、ソーセージなどのシャルキュトリが看板のレストラン。これらを店主さんが一人で作っておられます。いつしか食べたベーコンは脂身が甘くておいしく、ビーフシチューやポトフがメニューに入っていたら必ず注文します。※テーブル席が少しありますが、ほぼカウンター席なのでグループでの利用には不向きです

京都市下京区綾小路通高倉西入ル北側、木原ビル1階


スペインバル:京都市内の先駆け@ポキートさん

お店も2倍ほどの広さとなって、テーブル席での利用もできるようになりました。ボードにぎっしりと日替わりの料理が並んでいて、あれだけ魅力的だと、いつ行ってもやっぱり迷ってしまう(笑)

京都市中京区河原町通御池下ル、1筋目を東へ入った北側(旧京都ロイヤルホテル北側)


中華料理:西院にある新風の中華料理店@マンボ飯店さん

提供されているのは、中華料理としては一般的なものがほとんどで、それらに使う素材であるとか、手の加え方だとかに独自の解釈がある感じ。これがもう、ご主人の人柄が、お料理に表れているというのか、そして、調理、盛りつけとも非常に丁寧です。

京都市中京区高辻通西大路東入ル北側(阪急・西院駅から10分かかりません)

京風中華のコース料理@ぎをん森幸さん

お上品な中華料理というのでしょうか、盛りつけも丁寧で、独特の食感の春巻や大海老の天ぷら(小海老もあり、個人的な好みはこちら)は名物だと思います。ほかに海鮮の炒め物や麻婆豆腐、おこげの五目あんかけ、担々麺あたりも人気ですね。

京都市東山区白川筋知恩院橋上ル西側(地下鉄・東山駅から白川沿い(西側)を南へ300mほど、約10分)

上海バンドさん

怪しいと何度も書くから、逆に連れて行ってというリクエストが届くのか…四川料理の定番「雲白肉 ウンパイロウ/茹で豚のニンニク醤油だれ」で勢いをつけ、水餃子、棒々鶏、ピータン冷奴、自家製腸詰を前菜にビールを飲む。主菜に、麻婆豆腐、羊肉とセロリのクミン炒め、牛アキレスの煮込み、豚足の姿煮、豚ヒレ肉の黒酢炒め、油淋鶏などなど、〆に注文した蒸し鶏の汁そばも、パクチー多めでおいしくて、汗をかきつつ食べました。百万遍界隈では知られたお店。

微風台南 TEARS2さん

味探しに出向いては、現地そのままの一品をメニューを加え、魯肉飯や煮込み素麺「麺線」、牛肉麺、咖哩猪排飯(とんかつカレーライス)、B級グルメの一品だという葱焼き「葱油餅」、スイーツの紅豆湯など、台湾料理の定番が揃っています。調理を担当しているのは日本人の旦那さんで、独学で習得したというのだからすごいですよね。

京都市上京区河原町通丸太町上ル東側


エスニック・カレー:行列必至のランチ@インド食堂タルカさん

小さな器に入ったカレーをお皿の上で混ぜて、そこにサラダやヨーグルトを加えて食べるというスタイル。この要領というのか、混ぜ加減というのでしょうか、何度かやっていると好みが分かってきて、すごくおいしく感じるようになりますよ。

京都市中京区押小路通高倉西入ル北側、パインオーククリビア岩佐1階

カフェ風ながら本格的@創作タイ料理Miisuk ミースック(ミースク)さん

外観・内装ともカフェっぽい感じの、ジャンルだとエスニックになるんでしょうか、タイ料理をはじめとした東南アジアの料理を提供されています。海南鶏飯、タイだとカオマンガイですね、これが好きで食べに行くことがあります。

京都市中京区押小路通寺町西入ル南側

ブランカ

店主さんが、これまで住んだことがある土地、旅行で出会った味をベースに、沖縄料理・中華・東南アジアなど、スパイスや生の香草など巧みに使って多彩な味わいでもてなしてくれます。小皿料理として提供されていますので、ひとり飲みにもいいですよ。

京都市中京区御幸町三条上ル東側

ラオス食堂 YuLaLa ユララさん

京都では珍しい(たぶん唯一のはず)ラオス料理の専門店。多少クセは抑え気味にしてあるとはいえ、本格的な味付けで、料理名だけでは全く何が出てくるか分からない。鶏肉とハーブの和え物風サラダ、青パパイヤのスパイシーで辛いサラダ、豚軟骨の甘辛煮、味付け豚肩ロース焼き、香草入りの腸詰に、蒸した餅米。それから、ラオスの国民食「カオソーイ」という幅広の米粉で作った麺料理。添えてあるか、混ぜ込んであるか、あれにもこれにもハーブが使われているけれど、適量の見極めというのか、どれも繊細な味わいに仕上げられているんです。

スリランカカレー@喫茶 茶の間さん

街に溶け込んだ感じの、50年ほど続く喫茶店で、ここのカレーが本格的なことは、よく知られるところ。ただね、ものすごく辛い、マイルドでオーダーしても辛いんです。

京都市上京区下長者町通室町西入ル南側(地下鉄・丸太町駅から5分くらい)

キーマカレーと三代目チキンカレー@スパイスチャンバーさん

スパイシーで辛さのバランスがいいキーマカレーと、バージョンアップを繰り返しているチキンカレーの2本立て。発汗作用で夏場は困ると言いつつカレーマニアが集うカレー専門店です。

京都市下京区室町通綾小路南西角、福井ビル1階

チキンカレーとチャイ@カラヒカレーさん

チキンカレーの専門店。ややゆるいかなといった感じのルーはスパイスが効いていて、口直しのキャベツのピクルスもおいしく、カレーによく合うと思います。このチキンカレーと特製のチャイが、これまたよく合うんですよね~

京都市下京区寺町通四条下ル東側、斉藤ビル2階奥


焼き鳥・串揚げ:要予約@炭焼創彩鳥家 人見 ひとみさん

人気の焼鳥屋さんのひとつですね。これは今に始まったことではありませんが、当日の予約は無理、週末だと前もってでも遅い時間帯になるか、断られることもあるみたいです。

京都市左京区二条通川端東入ル南側

常木屋さん

10周年を迎えられたそうで、おめでとうございます!平日の午後9時前という時間帯でも、席がほぼ埋まっている状態でした。ねぎま、やげんなんこつ、せせり、ずり、皮、手羽先を塩焼きで、つくねタレ、豚バラ、オクラ豚巻き、それから野菜串いろいろ。

肉汁たっぷり@炭火焼鳥 馬耳東風さん

鳥ねぎ(ねぎま)に手羽先、もも身、せせり、やげん軟骨、砂ずり、ささみわさび、ささみ葱おろし、月見つくねなどなど、いやはや、今回もおいしかったですね。京都市内で人気の焼鳥屋さんのひとつとあって、当然のことながら満席で、女性のお客さんが多いというのも特長ですよね。

京都市中京区室町通四条上ル東側

生刺し@わかどり小林さん

知る人ぞ知る名店。お造りは、部位ごとに少量ずつの盛り合わせで。鶏料理店だから串焼きもありますが、鶏鍋やモツ煮込み、珍しいところでは「もも肉のセロリ巻き」なんかもいいし、唐揚げやチキンカツも一味違うので、ぜひ試してみてください。

京都市北区烏丸紫明東入ル北側(地下鉄・鞍馬口駅から5分くらい)

季節の串@串揚げ専門店コテツさん

旬の食材を中心に一手間かけたネタが用意されていて、コの字カウンターで10席ほど、店内が狭いからこその楽しい雰囲気あり。こちらは炭火焼鳥ちゃぶやさんの姉妹店で、串揚げとしては大きめのサイズ。ちょい飲みもできますよ。

京都市下京区木屋町通四条下ル、西側の小橋を渡ります


焼肉・お好み焼き:焼きしゃぶしゃぶ@和風肉料理 藤むらさん

薄切りにしたロースを、さっと焼いて火を通し、ねぎポン酢で食べる「焼きしゃぶしゃぶ」が看板料理。いやはや、おいしいですね。これを目当てに通っていると言ってもいいくらいの、薄くスライスしたロース肉をさっと焼いて、柚子入りのおろしポン酢で食べる焼きしゃぶ。

京都市下京区仏光寺通油小路西入ル北側(四条大宮駅から10分ほど)

ヤキニク甲 きのえ 蛸薬師店さん

押小路通柳馬場にある焼肉ダイニング甲さんの姉妹店で京町家をモダンな雰囲気に全改装してあります。近江牛や神戸牛などの国産肉専門で、京都府認定生食用食肉取扱者ということで、ユッケが常時5種類。また、全体的に本店さんよりもお手頃な価格設定のようで、大きなワインセラーには、ざっと100種類以上、2,900円均一です。

京都市中京区蛸薬師通柳馬場東入ル南側

食べログ1位@おこのみ夢屋

実は焼きそばも人気で、口コミでじわじわ噂が広まり、通い詰めるお客さんが多数。今では、デパートの催事やフリーマーケットなどにも呼ばれて出店するなど、お店を飛び出すまでに。

京都市左京区川端二条上ル東側


居酒屋・地酒・日本酒:カウンターにおばんざい@お数家いしかわさん

絶妙な干し加減の干物は、ぱりっと焼き上げられた皮までおいしく、旬の素材で作られる白和えやてっぱいは日本酒とよく合います。ほかには京野菜もたくさん使われていますし、こういったお店ではやはり、定番ものよりも季節の味を楽しみたいですよね。

京都市下京区高倉通四条下ル西側(軒先から奥へと入って3軒目)

地酒の飲み比べ@酒と肴 〆屋さん

ご夫婦で営んでおられる居酒屋さんで、日替わりのおばんざいとお造りに定評があり、それと日本酒の品揃えも。お料理の印象としては、煮浸しや茶碗蒸しなど、出汁ものがおいしい。好みを伝えて選んでもらった地酒とともに、ぜひ楽しんでみてください。

京都市中京区蛸薬師通堀川東入ル北側(阪急・大宮駅から10分かからず)

蔵元直営店の日本酒@遊亀 祇園店さん

金亀・大星の両銘柄の、定番から冷やおろしなどの季節ものまで、グラスと徳利で提供する蔵元直営店の居酒屋さん。魚を中心とした日替わりが50ほどあるでしょうか、それに壁の短冊なども含め、日本酒に合う料理がたくさん用意されていて、平日でも満席になる人気店です。

京都市東山区切通し四条上ル、1筋目の北西角


洋食・欧風・西洋料理:前菜とバゲット@洋食コリスさん

単価が高いですからそこそこの支払いにはなりますが、本格的なビストロ料理の数々に、お客さんの笑顔がこぼれます。黒板から迷いつつ選ぶのが楽しくて、定番の前菜とタプナード、それにたっぷり用意されるバゲットもうれしい。

京都市東山区轆轤町101-6(京阪・清水五条駅から15分くらい)

洋食 Inotsuchi イノツチさん

黒板の本日のおすすめから前菜を、それから鶏レバーのパテに、焼き野菜。ポークカツは、ほんのりピンクで、酸味が残るトマトソースとの相性良し。鶏肉のソテーは、やや強めの塩味、ふっくらやわらかく仕上がっていましたよ。一皿あたりの量がそれなりにあるので、あれもこれもというわけにはいかないけれど、あの雰囲気なら、女性ひとりのディナーでも気取らずに利用できると思います。

昼酒と夜営業@西冨家コロッケ店さん

普段は6種類のコロッケをテイクアウトで販売。ランチが話題になり、コロッケ+一品料理+ワインで酒場営業というスタイルまで広がりました。これが好評となった今は、休日のランチ、夕方からが特に混雑するようになって、女性のお客さんが多いように思います。

京都市下京区河原町通松原下ル東側


※ここから、メルマガ最新2019.04.01定期号の転載です。

マンボ飯店さん

雑誌で見たので、ぜひ行ってみたいというリクエストを受けて旅行で来た友人たちを連れ、久々の来店です。

前菜3種盛り、仔羊とパクチーの温製サラダから始めて中盤として、独特の形をした名物の焼き餃子、皮パリパリの春巻。

塩加減がちょうどいい具合なので搾菜をいつものように注文したらふいに摘んで口に入れた友人が、これはよく合うと言って、ビールをゴクゴクと飲み干す。

そして、メインには麻婆豆腐、鹿肉とごぼうの青椒肉絲、〆に酸辣湯。

もういくつか候補が挙がっていたけれどさすがに3人では、これくらいで満腹になってしまいますね。

メニュー構成としては、日替わりと定番が半々くらい。菜の花や筍のような季節の野菜も使われていますし、選ぶのも楽しいです。

ただ、カウンターとテーブルで全14席の狭小ゆえグループでの利用が難しいので、あれこれ注文できないのが痛いところ・・・

隣席も初めての方をお連れになったようで「何を食べてもハズレなしって感じやよ」と、メニューを見ながらおっしゃっていましたね。

京都市中京区高辻通西大路東入ル北側
(阪急・西院駅から10分くらい、壬生檜公園の近くにあります)

ワイン食堂 Old School オールドスクールさん

カウンターをメインに、10人も入れば満杯という感じのワインバーです。

そのワインは、赤白泡で常時10種類くらい。価格を抑え気味に、すべてグラスで提供されています。

深夜まで営業している上に、しっかり食事ができることも選ばれるポイントで20種類くらいしかありませんが、その中でもハムとソーセージは自家製です。

さらに、そのソーセージも、噛むと肉汁が飛び散ることもあれば刻んだ香草を混ぜ込んでスパイシーに仕上げてあることも。今までには、山椒入りの和テイストに挑戦したこともあるんだとか。

肉料理にはまだ続きがあって、牛タンの煮込み、豚肉のローストやスペアリブラム肉をタタキ風ステーキに、それからハンバーグにもしたり。

※定番ではないので、メニューは入れ替わります

以上のように、どちらかといえばレストラン寄りですしワインバーといっても堅苦しい印象はありません。

〆のパスタまであるので、遅飯処としてもいいですし女性ひとりで来店されているのも見かけます。

飲み足りない時に、また、ひとりで行くところに迷ったら、思い出してください。

京都市中京区押小路通麸屋町東入ル南側、ヴァインオークトゥエルブB1階の南側
(地下鉄・京都市役所前駅から5分くらい、マンションの地下にあります)

京風居酒屋 楽庵さん

酒友が転職に伴って京都を離れることになりその送別会の場所としてリクエストがあったので行ってきました。

おばんざいの盛り合わせが出てきて、大皿のお造りの盛り合わせと甘鯛の酒蒸し。

少し遅れて入ったこと、幹事だったわけじゃないので実際のところは分からないのですがここまでは、たぶん事前に注文してあったのだと思います。

それから一品料理を選んで、ワカサギの天ぷら、蕪蒸し、ふぐの唐揚げ鴨ロース、地鶏の塩焼きなどなど。〆に頼んだ鰻の箱寿司もおいしかった。

手書きの献立には、ざっと50種類ほど並んでいる感じで地酒も揃っているんだけれど、何しろ予約が取れず、かなり前に連絡しないとダメとのこと。

また、食材は指定せずに、例えば寄せ鍋でと伝えておくとその日の仕入れで見繕ってくださるので、予算以上の内容になるんだとか。いいものが食べたいとか、しっかり量がほしいなどにも応えてもらえるそうですよ。

京都市下京区綾小路通高倉西入ル北側、パストラルエディワン1階
(地下鉄・四条もしくは阪急・烏丸駅lから5分くらい)

そば処 桝富さん

お店に到着したら、「予約満席」の札がかけてあり我々のグループが最後だったようで、これにて本当に席が埋まりました。

飲み物を注文したところで、鴨ちりの一式が運ばれてきてこの時が初めてとなる知人が、鴨肉が並べられたお皿を見て、「お〜これが噂の」と。

火が通ったかなというタイミングで取り上げて口に運び、今度は感嘆の声。

次は、すだちを絞って、七味をふりかけ、またまた唸っておりました。自家製のポン酢もいたく気に入った様子でした。

野菜もたっぷり出てきますし、お蕎麦はもちろんのこと最後は旨味の出た出汁を含んだ雑炊(これは追加料金が必要)まで。

すっかり食べ終わって、お茶を飲んでいると「この、ちょっと物足りないくらいがいいのよね」には、笑ってしまった。

※鴨ちりは、2人前より要予約

京都市東山区三条通白川橋西入ル、北側の路地先の東側
(地下鉄・東山駅出入口1番からすぐ、白川の畔にあります)


取材ノートから:読者さんの声、ランチ情報、移転や閉店の告知など本編のレビューで取り上げなかったものを含む取材時の裏話と編集後記です。

奈落さん

3月で9周年を迎えられ、その挨拶文がアップされたのですがそこには閉店するとも書かれてあって、突然のことに驚く。

今後のことはまだ未定で、決まっているのはタイへ行くことだけとのこと。

京都市中京区富小路通四条上ル東側、四富会館1階

喫茶オルガンさん

普段ほぼ行かない場所に仕事で出向くことになり、その話を同僚にしたらぜひ行ってほしいと、「できたら自家製ケーキとコーヒーまで」とのアピール。

実は伺ったことはあるんですが、それがいつのことだったか思い出せないくらい前のことで。

ランチはなくて、金曜を初日とする週替わりごはんが売り切れるまでお客さんは、ほぼこれが目当てという感じみたいです。

メイン(この時はチキン南蛮)と副菜2つ、サラダ、白飯、お味噌汁が付いてこれは以前から変わりなく、丁寧に調理され、盛り付けもきれいです。色味も鮮やかだから、見るからにおいしそうなんですよ。

京都市下京区壬生川と櫛筍通の間五条上ル東側
(JR丹波口駅から10分くらい、大きな町家の南端にあります)

寿司ふじ井さん

読者さんから、「ここいいなと思ってたんです!」とメールあり。

表に花があったからオープンしたところだと思って試しに入ってみたらすごくいい印象を持たれたそうで、改めて夜にも出向かれたんだとか。

平日の正午すぎに商店街を通り抜けようとした時も店内が賑わっているようでしたから、さっそく知られるようになったみたいですね。

京都市上京区寺町通今出川上ル、出町桝形商店街の西端

中国菜 燕燕 エンエンさん

寿司ふじ井さんから程近いところにある人気の中華料理店です。

ランチタイムとしては遅めの時間ながら同志社大の学生らしきお客さんで半分以上の席が埋まっていました。

この時は、食べたことがないような気がして、鶏の唐揚げの甘酢ソースにしてみたら衣はパリッと、酢が強めの甘酢もいいお味で、ご飯がすすむ感じでした。

※メインは日替わり3品から選びます

京都市上京区今出川通寺町西入ル北側
(京阪・出町柳駅から10分くらい)

カフェ MALDA マルダ京都さん

1日3組限定のホテル内に併設されたオーガニックカフェ。

ショーケースに並ぶケーキやマフィン、クッキーなどは店内で焼き上げる自家製でランチタイムにカレーがあるくらいなので、喫茶がメインです。米粉で作ったメープルマフィンがおいしかった!

とてもお洒落で、調度品の質感も良く、ゆったりとした席の配置になっていてさらに大きな窓から丸見えなので、ちょっと気取って利用しました(笑)

京都市中京区姉小路通堺町東入ル北側
(地下鉄・烏丸御池もしくは京都市役所前駅から10分くらい)

らくえん cafe&diningさん

健康食品の会社とFMラジオα-stationの人気番組とのコラボで誕生したカフェで昨秋のオープンから賑わっていて、最近はやや落ち着いてきた様子。

イタリアンがベースで手堅くおいしいけれど、ランチメニューは、男性だと物足りないかも。

築90年くらいの京町家を全面的に改装してあって、とても居心地がいいし2階がお座敷になっているので、子供連れのお客さんにも好評のようでしたね。

京都市下京区仏光寺通高倉西入ル北側
(地下鉄・四条もしくは阪急・烏丸駅から10分かからず)

Patisserie-S パティスリーエス サロンさん

先月、10周年を迎えられたとのこと。おめでとうございます!

サロンは、まだ新しいですが、更科よしきさんに行った帰りに手土産を買うために入ったら、席が空いていたので座ってみることに。 区切りということなのでしょうか、屋号と同じケーキ「エス」が開業時のレシピで並んでいて、やっぱりこれにしないとと思って注文。

香りづけの洋酒がきいたムースとフルーツの組み合わせは、エスさんの鉄板ですし小ぶりでもしっかり主張しているところもまた、“らしい”感じがしました。

京都市中京区富小路通六角上ル西側、ウェルスアーリ天保1階
(地下鉄・京都市役所前駅から10分くらい)

Ekaki エカキさん

マンボ飯店さんに行った際に教えてもらった「むんと食堂&Ekaki&マンボ飯店のおちょめちょめ」というイベントあり。

※むんと食堂さんは、河原町通高辻にあった定食+居酒屋で、現在は閉店しており丸太町通寺町の角にあるアテ屋 明ヶ粋ヶさんの店休日に間借り営業中。

こんなコラボイベントが増えているような気がしますが、おもしろいですよね〜

そして、このメルマガが配信される日、今度はシトロンの店主さんによる出張クレープでEkakiさんは通常のビストロとして営業し、デザートとして提供するという趣向とのこと。

ちょうど阪急で帰ってくるので、仕事終わりに寄ってみようと思っています。

京都市下京区寺町通四条下ル東側
(阪急・河原町駅から5分かからず、フジイダイマルさんの東側あたりにあります)

炭火串焼き 隠家 なばりやさん

読者さんから「連れて行ってもらったお店ですが、よかったら行ってみてください」とのメールあり。

鹿や猪などのジビエと、おでんなどの一品料理を看板に、お座敷とカウンターがあるそうで歯ごたえのある肉質や若干の匂いから、「好き嫌いが出るかも」とも書いてくださっています。

独自に調合されたスパイスが用意されていて、「脂の旨さとミックスされて昇華する」そうでそれがどんなものか、ぜひ行って味わってみたいと思います。

先斗町にも同じ屋号のお店があったはずと調べてみたら、どうやら系列のようです。

京都市上京区今出川通川端東入ル南側
(京阪・出町柳駅2番出入口からすぐ)

グリル小宝さん

週末ともなれば、常に行列という感じなれど平日の夕方、それも早い時間帯だったので、すんなりと入店できました。

チキンカツを注文すると、仕上がりまでに約3週間というデミソースがたっぷりとマスタードとも意外に合って、パクパク食べて満腹になりました。

あたりが暗くなってくると、だんだんと席が埋まっていき名物のオムライスのほか、カキフライが人気のようでしたよ。

京都市左京区岡崎北御所町46
(地下鉄・東山駅出入口1番から15分くらい、平安神宮さんの東側あたりにあります)

太陽カレーさん

お昼ご飯を食べ損ね、ランチタイムとしては遅めで、終了に近かったと思います。

すぐできるということだったので、ロースカツカレーを注文すると久しぶりで味を忘れているかと思いきや、これこれと蘇ってきました。

鶏スープベースのさらっとしたルーでも個性が際立っています。

京都市中京区四条通西土居南西角、ボイスビル2階
(阪急・西院駅から東へすぐ)

SPICE UP スパイスアップさん

読者さんから、「ムジャラさんの関係のお店らしく、オープンしたばかりでした」と「見た目にはそうも思いませんでしたが、香りと口に入れた時のパンチはすごかった」とも。

調べてみると、スリランカカレーの専門店のようで、これは気になる!

さっそく行ってみることにしますね。

京都市下京区西洞院通花屋町下ル西側
(旧花屋町通を越えてすぐ、地下鉄・五条駅から15分くらい)

チタチタ喫茶さんが閉店

一時期、お店の近くに立ち寄る機会が度々あってお昼ご飯だったり、休憩のためだったりと、利用していました。

それで、久しぶりに出向いた際に閉店のことを聞きつけ帰りにコーヒーを飲みに行ってきました。

10年超の営業だったそうです。

京都市上京区葭屋町通椹木町南西角、ヴィラ福田1階
(地下鉄・二条城前駅出入口1番からから15分くらい)


読者さんからの情報は、お店選びの参考にさせてもらっておりとても助かっています。いつもありがとうございます!

ちょうど年度末で、特に今回は繋がりがある部署で異動が多かったため4月には続け様に歓迎会があるので、またもや食べ歩きがしづらい。

春先だからということでしょうか、開業の情報がたくさん届いていて予定に組み込みつつ取材して、お伝えしたいと思っています。

GWあたりまで、昼間は良くても夕暮れから寒さを感じることがあり京都市内では、まだまだ温かい食べ物がほしくなる感じです。

お花見の後、食事をする予定でお越しになる場合は防寒というほどは必要なくても、薄手のコートはあったほうがいいと思います。

※メルマガ最新2019.04.01定期号より抜粋