メルマガ最新2019.11.01定期号バックナンバー

レストランの写真

  • 京都市内の中心部にある飲食店の来店レビュー
  • 予算は5,000円まで(食事+軽く飲む)
  • お店へは最寄り駅から徒歩で15分以内(市バスは利用しません)
  • 特集記事のほか、バーやコーヒー専門店、カフェ、甘味処なども紹介しています。
  • 毎月1日に定期号を配信、臨時・増刊号あり。

こんにちは!

前号の配信後、読み心地について、いくつかのご意見をいただきました。

以前ならスマホでの閲覧はまぐまぐさんのページへと誘導できたのですが、

バックナンバーの掲載が終了してしまったため、今回のような誌面の変更ということになりました。

これからも改良を続けていきますし、読者さんからの声は大変ありがたく、うれしく思っています。

ミシュランガイド京都・大阪2020「ビブグルマン」

メルマガで何度か紹介したお店で、初選出となったのが、

ブランカさん、ぎょうざ処 高辻 亮昌さん、インド食堂 タルカさん。

その中でもブランカさんはジャンルを横断していて幅広く、創作っぽくもあるので意外といえば意外でした。

また、焼き鳥 一さんには行くことになっているので、来店後にレビューしますね。

和食・蕎麦:食堂みやざきさん

予約が取れない食堂おがわさんの右腕だった料理人さんが、2号店の板場に立たれています。

メルマガでも夏に告知だけしたんですが、「正式にオープンしたので行こうよ」と、知人が誘ってくれました。

メニュー構成は、食堂おがわさんとほぼ変わりなく、価格設定についても同程度だと考えていいようです。

実はこの時、コース仕立てだったもので、アラカルトで注文した場合のことが分からなくて、

お値段のことをそれとなく訊いてみたところ、「それで構いません」とのことでした。

(アラカルトでの注文なら、飲み物別で5,000円まででいけると思います)

この日のお料理は、前半は食堂おがわさんでも食べたことがあるもので、

最後のほうで出てきた「鴨クレソン煮麺」なる一品が、出汁の旨味、香り、歯ごたえもあり、とてもおいしかったです。

現在は1階だけで営業される様子で、それから何と、すでに年内は予約で一杯なんだそう。恐るべし。

京都市下京区西木屋町通四条下ル西側
(阪急・河原町もしくは京阪・祇園四条駅から5分くらい)

御幸町ONOさん

オープンして間もなくの頃に紹介したことがあるはずの、おでんと釜飯と日本酒のお店です。

ジャンルとしては居酒屋かもしれないけれど、お料理の質感からすると和食でもいいかなという感じがします。

「おでんの前に一品料理をあれこれ食べる」と知人が言っていた通り、主に魚介類を、お造り、揚げ、焼き、天ぷらで。

いつものことながら、みんなが食べ終わる頃に飛び込んだので、今回は、おでんのみ。すみません。

大根と丸ごとのトマト、大きなロールキャベツ。お出汁の香りが良くて、これからの時期にぴったりですね。

夕方と10時頃にピークがあるとのことでしたので、2軒目での利用も多いということかな。

それから、11月の中旬に烏丸仏光寺あたりに新店舗がオープンするそうです。

京都市中京区御幸町通四条上ル西側
(阪急・河原町駅から5分くらい)

京味菜 わたつねさん

最近、お昼にこのあたりにいることがないので、久しぶりの来店です。

入った時はそうでもなかったのに、正午を過ぎたら、お客さんがどんどん入ってこられます。

鱧天のざると定食があって、揚げ野菜との出汁浸しだということで今回は定食に。

しっかりした衣にしみしみの実にいいお味。もうちょっと食べたいなと思ったくらいでした。

ご飯が炊きたてで、小鉢の酢の物もおいしかったです。

そろそろ新蕎麦(秋新)が出てくる頃かな、また行かないと。

京都市中京区柳馬場通三条上ル東側、綿常ビル1階
(地下鉄・京都市役所前駅から5分くらい)

ぎをん常盤 ときわさん

10月いっぱいで閉店されると聞きつけた知人が、「ちょっと寄って行こうよ」と言うので。

冬に「鴨なんば」を食べに来たことがあるという程度だから、個人的には思い出らしきものはありません。

この日は隠れ名物だという「にしん蕎麦」を食べたのですが、

手打ちで細め、お出汁は定評通りで鰹のいい香りがしました。

大正11年創業なんだそうで、祇園の老舗のひとつが消えたことになります。

京都市東山区花見小路通新橋東入ル 北側
(京阪・祇園四条駅から10分かからず)

イタリアン・ビストロ・スペインバル:寺町コロンボさん

一保堂さんの真向かいに移転リニューアルということで、さっそく行ってきました。

それで、変更になった点が2つ。

まずは、イタリア食堂ではなくなって、定食を提供する食堂になったこと。

もうひとつは、昼夜→夕方までの営業になり、年末年始を除いて無休。

但し、予約をすれば、夕方から1日1組限定で営業しますとのことでした。

そして話は戻りまして、定食は毎日5種類くらい用意されていて、

名物だったタラコスパゲティーは定番かつ定食スタイルで提供。

他には和風・中華などをメインにした日替わりと、カレーなども。

それから、「できたてモッツァレラ」という斬新な定食もあれば、

「ベジタリアン」や「お子様向け」といったあたりまでと守備範囲が広い。

約20席ほどで、ランチの後はカフェタイムに。ティラミスをテイクアウトで購入することもできます。

京都市中京区寺町通二条上ル西側
(地下鉄・京都市役所前駅から5分くらい)

GOLDEN ROCCA CRISPY ゴールデンロッカクリスピイさん

北野白梅町にあるゴールデンモジャホールさんの系列店なんだそうで、

もつ鍋屋さんからの業態変更でニューヨークスタイルのピザ専門店に、今夏にリニューアル。

お得意先で「友達が焼いてるから寄ってあげて」と勧められたので、

夕方には少しばかり早い時間に来店。他にお客さんはいらっしゃいませんでした。

大判で焼いて1ピースずつ販売されていて、焼きたてではない場合は、オーブンで温めてくださいます。

京都市右京区西大路通六角北東角
(嵐電・西大路三条駅すぐ、地下鉄・西大路御池駅から10分かからず)

BAR del Nonno(ナポリ料理 バール デル ノンノ)さん

9月に7周年を迎えられたそうで、知人たちがそのお祝いに行きました。

その話を聞いた際、長らく行ってないと言ったら、次の時に誘ってあげるということで、それが今回でした。

・・・といっても平日でしたので、案の定みんなと足並み揃わず。

お店に着いてしばらくしてからですから、たぶん10時に近かったと思うのですが、

その時間からでもお客さんがどんどん入ってこられて、日付が変わる頃までこんなことがあるようです。

界隈のショップが午後8時頃まで営業というところが多いようだから、遅飯の定番となっているみたいでしたね。

京都市下京区仏光寺通室町東入ル北側、Daido烏丸ビル地下1階
(地下鉄・四条もしくは阪急・烏丸駅から5分くらい)

中華・エスニック:al bacio CHINA アルバーチョチャイナさん

お得意さんの打ち上げに呼んでもらったので行ってきました。

最初から参加できたのでは、平日だと今月はこの時だけだったように思います。

本当は週末にやる予定だったものの、予約が取れなくてねとおっしゃってました。

宴会ということで「おまかせ満漢全席」というコース料理。

人気があるというのはそりゃそうで、小皿の前菜、小盛りの主菜いろいろ、〆、デザートまで全30種。

リズム良く出てきますし、こういう時には打ってつけと思っていたら、予約なしでも構わないそうです。

以前は仕事で近くにいましたから、このメルマガでも取り上げていたのですが、

行く機会を逃しているうちにランチ営業を休止されたみたいです。

京都市下京区河原町通高辻下ル西側、名神ビル1階
(阪急・河原町駅から10分かからず)

Salman & sohel halal kitchen kyoto サロマーン&ソエール ハラールキッチン キョウトさん

ランチタイムに、どこにしようかと思いつつ歩いていたら、

席ありますよと、お店の人に声をかけられたので入ってみました。

インド料理店ということで、チキンのビリヤニを注文。

感覚的にパスタでいうところのアルデンテなので、お米だと思えば、やや歯ごたえがあります。

それでも、スパイシーで、おこげが香ばしく、わりと量があったのに完食です。

京都市上京区河原町通荒神口上ル東側
(京阪・神宮丸太町駅から15分くらい)

spiceカレー fam ファムさん

仕事で行く先のことを調べていたら、読者さんから推薦があったお店の近くだと分かり、

ランチタイムに行ってみると、ちゃんと調べたはずなのに通り過ぎてしまう(笑)

住宅っぽい外観で、スナックだったのかなという店内にカウンター6席のみ。

ルーが2種類の「あいがけ」を注文して出てきたのが、

何と形容したらいいのか、読者さんからの情報にもあった通りのインパクト。

見た目は辛そうなんですが、口に入れると、スパイシーで、辛みよりも旨味が広がります。

甘さも感じるし、スパイスのハーモニーといったらいいのか、

ご主人によると、カレー好きが高じて独学で作り上げ、開業したそう。

夕方からも営業されていますが、品切れで閉店になるとのことでした。

今出川通に面しているものの、やや分かりづらいので、歩道にある郵便ポストを目印に探してみてください。

京都市上京区今出川通大宮東入ル南側、USビル1階
(地下鉄・今出川駅から15分くらい)

微風台南 TEARS2さん

秋晴れだったので、鴨川をぶらぶら歩いていたんです。

そうしたら、テイクアウトのお弁当を食べている人を見かけて、一目で「排骨弁当」だと思いました。

何せ、お店からすぐのところだし、たぶん間違いないはずです。

店内で提供されているものを熱々のまま箱に詰めてくださいますし、

歩いて5分もしないうちに、鴨川のベンチがあるところに到着しますから、穏やかな天候なら尚更いいですね〜

京都市上京区河原町通丸太町上ル東側
(京阪・神宮丸太町駅から10 分かからず)

大衆中華 丸太町スタンドさん

SCHOOL BUS COFFEE STOP KYOTOさんで、斜め向かいに中華料理屋さんができたと聞いたので行ってみました。

暖簾にも大衆中華と書いてあり、蒸し鶏だったり、水餃子に焼き餃子、鶏唐揚げ、エビチリ、

酢豚、炒飯、ソース焼きそばと、まさに町中華。四川料理の定番「雲白肉」があって、

火鍋もメニューに入っていたので、これだとどれでも辛いのではと思いつつ、

「辛さは控えめにしています」ということで注文した麻婆豆腐は、山椒でピリピリ。痺れました(笑)

京都市上京区河原町通竹屋町上ル西側
(京阪・神宮丸太町駅から15分くらい)

居酒屋・焼き鳥:赤垣屋さん

京都への出張時にはここに来るという知人が連絡をくれたので、少しだけ。

お店の前に人だかりがあって、何かあったのかと思ったら、グループでの来店で順番待ちをされていました。

先客ありと伝えたら、隣が空いていたのですぐに入れてもらって座ります。

〆鯖のあと、鴨ロース、鰹のたたき、烏賊の煮付けを食べていたので、

万願寺を焼いてもらって、おでんの盛り合わせ、鶏の唐揚げ。おからもおいしかったな〜

この時期は扉が開け放たれていて、縄のれん越しに見える鴨川がいい感じです。

京都市左京区川端通二条下ル東側
(地下鉄・三条京阪もしくは京阪・三条駅から5分くらい)

とんかつ清水さん

遅くなるからと断ってはおいたけれど、待っていてくれたことには違いないので、

酔っ払いに付き合って、日付が変わろうかという時間帯にタクシーで向かう。

で、週末だからなのか、ほぼ満席で大賑わいです。

じっくり火を入れる4cmほどのヒレとロースのカツサンドを4人で頬張ります。

とんかつ屋さんなのに、圧倒的にカツサンド目当てで来店されているようでした。

京都市上京区河原町通丸太町上ル西側
(京阪・神宮丸太町駅から15分くらい)

欧風料理・洋食:キッチンごりらさん

豚肉大好きということで、読者さんから行ってきましたとのメールあり。

2人で来店して「ポークステーキと豚100%ハンバーグ」を食べられたそうで、

「ポークステーキのソースに豚ロースの脂身が溶け込んでいて抜群の旨さ!」とも。

キッチンごりらさんといえば、やっぱりポークですよね〜

京都市左京区田中樋ノ口町17-3
(叡電・元田中駅から10分くらい、京大北部構内の北側の住宅街にあります)

Mako Shopさん

オムライスが名物だし、洋食のカテゴリーに入れたものの、店内の雰囲気はカフェかパブという感じ。

ちょっと和風っぽいのもあるし、たまにエスニックだったり、自家製ロースハムを作っていたり、

イタリアのトマトもつ煮「トリッパ」があるかと思えば、ランチタイムに本気のカレーを出していたりと、多彩。

雑誌に記事が掲載されたという話を聞いて見せてもらったら、なんと餃子だった(笑)

それから、住所の表記が四条下ルになっていますが、綾小路通の手前で、AU DISCOさんだった場所。

とても元気な女性の店主さんが迎え入れてくれますよ。

京都市下京区麸屋町通四条下ル西側、麸屋町通グリーンハイツ1階
(地下鉄・四条もしくは阪急・烏丸、河原町駅から10分くらい)

バー・パブ:リンゴ酒場 SWINGIN' スウィンギンさん

知人が「おもしろいお店を見つけたから行こうよ」というので、連れていってもらう。

今夏にオープンしたらしいんですが、店内はすごく明るくて、カウンター席がメインのシードル専門店。

アメリカ産の樽生3種類がありました。※シードル:りんごを発酵させて作るお酒

あまり飲んだことがないので批評できないけれど、甘さよりもピリピリとした辛さを感じたかな。

また、おつまみが毎日10種類ほど(お造り、鴨ロース、牛すじ肉の煮込み、小鍋など)用意されているそう。

たぶん修行経験をお持ちだろうなと思うような和食というわけで、日本酒も置いてありました。

おなかいっぱい食べるみたいな利用はできなくとも、ちょい飲みには十分すぎるほどです。

女性ひとりのお客さんがカウンターに座っておられて、知人によると、よく見かけるから多いと思うよ、と。

お店は京都市役所の分庁舎の西側にある公園の北側。ビル3階にはカレーが名物のバーシオンさんがあります。

京都市中京区寺町通押小路上ル東側、オカ建物2階
(地下鉄・京都市役所前駅から5分くらい)

自家焙煎 王田珈琲専門店さん

御所南から移転されたということで、すでに行ってきた人からの話で「バーみたいだった」と。

確かに、扉のガラスには「珈琲・スコッチ・酒」と書いてあって、店内に入ったらスコッチの瓶がずらり。

シングルモルトのヴィンテージボトルにビール、日本酒、もちろんコーヒーは営業時間内ずっと提供されています。

初めてだと、場の雰囲気に緊張するかもと思いました。ちなみにノーチャージ、午後1時からの営業です。

場所が少し分かりづらくて、木屋町通四条を下がり、村上重ビルさんの前にある高瀬川の小橋を渡って、

ビルの真ん中を通り抜けさせてもらって路地に出たところにある御料理辰むらさんの2階です。

京都市下京区西木屋町通四条下ル、細い路地を入った西側2階
(阪急・河原町もしくは京阪・祇園四条駅から5分くらい)

カフェ・スイーツ:grains de vanille(グラン・ヴァニーユ)さん

手土産を買いに行ったついでに、店内で「タルト・フィグ」を。

甘酸っぱい無花果が丸ごと1個に、なめらかなクリームとラズベリー風味のタルト台という組み合わせです。

数種類のフルーツがのった「タルト・フリュイ」と迷ったんですが、さすがに2個はね(笑)

京都市中京区間之町通押小路上ル東側、あいのまちはうす1階
(地下鉄・烏丸御池駅から5分くらい)

一保堂茶舗 京都本店 喫茶室「嘉木」さん

1日限りの特別メニュー「モンブランフレ」を提供ということで、

その場でモンブランを仕上げるというし、秋限定の抹茶「月影」との組み合わせとあらば、

これはダメかもしれないと思いつつ向かうことに。

予約はできないと告知されていましたから、すでに行列で、まぁーそうなりますよね。

程よい甘さで、ほろほろと溶けていくような繊細な味わい。抹茶ともよく合いました。

京都市中京区寺町通二条上ル東側
(地下鉄・京都市役所前駅から5分くらい)


先日、メルマガの読者さんと話す機会があり、

「おいしいものを探すお仲間がたくさんいらっしゃいますね」という声をいただきました。

その際にも話をしたのですが、実はこれ、逆なんです。

元々は顔見知りの人たちと定期的に集まる名目で、食事会をセッティングしたことが始まりです。

当時は雑誌などで取り上げられているお店に行くことが多く、

正直に言ってしまえば、ハズレもありました。

初めて参加するという人が、ほぼ毎回いるような感じでしたから、

がっかりさせるようなことは、とにかく避けねばと思いました。

これは近頃のメルマガで何度か言及していますけれど、

今では集める側から、呼ばれる側になってしまっています。

仲間を集めるために会を催していたら、みんなが協力してくれて、

おいしいものを探し当てるに至ったというわけなんです。

こうしてメルマガを読んでくださる読者さんからも

お店の情報が届き、新たな取材先が見つかります。

本当にいつもありがとうございます!

※メルマガ最新2019.11.01定期号の転載です。