名物てりどんきんし@中国菜 大鵬

四川料理の人気店として地元では有名ですし、よだれ鶏のたれ、なんと言っても名物は「てりどんきんし」という豚を甘辛く炒めて錦糸たまごとともに盛り付けられた丼物。これを食べに来ているお客さんが本当に多くて、辛さに強ければ、お店の味にハマると思います。

中国菜 大鵬

京都市中京区西ノ京星池町149
(地下鉄・JR二条駅からすぐ、星池公園の東側にあります)

前菜に、よだれ鶏

四川料理のひとつで「口水鶏 コウシェイヂィ」と呼ばれ、ピリ辛で独特の風味があるタレで和えてあります。

大鵬さんでも人気の一品ということでしたけれど、ビールに合いますし、パクチーがいいアクセントになっていますね。

上海式 黒酢スブタ

想定していた時間よりも大幅にかかってしまい、申し訳ないからと、仕事先の方がご馳走してくださいました。

そんなわけで、注文はお任せしたのですが、鶏肉とフカヒレの煮込みというのが、特においしかった。

上海式 黒酢スブタも好評というだけあって、おすすめの一品です。