アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン エクストラ 490ml×24本
喉越しとして、炭酸は強めに感じます
来店レビューを書くために食べ歩きに出かけると、どうしても食べ過ぎてしまいますから、今までの赤ラベルから「機能性表示食品 ウィルキンソン タンサン・エクストラ」に乗り換えました。

土ごぼうの天ぷら@山元麺蔵 やまもとめんぞう

手打ちうどんを“土ごぼうの天ぷら”や“牛ホルモン”など、個性的な付け合わせやつけ汁で食べるというのが、山元麺蔵さん流。今では「岡崎で行列の」と言えば通じるほどの人気店です。

山元麺蔵 やまもとめんぞう

京都市左京区岡崎通二条上ル東側
(平安神宮の近くで、向かいは岡崎公園テニスコート)

行列ができる人気店

最近は、麺切れで早仕舞いということはなくなってきているようで、それでも行列には変わりないですから、待ち時間があります。

麺は申し分なし、つけ汁やトッピングに工夫を重ねて飽きさせないあたり、これぞ人気店という感じですよね。

豚と青葱のつけ麺

厨房のリニューアルを終え、再開されましたね。

いつもなら、麺を味わうために、ざるにするのですが、知人から勧められた「豚と青葱のつけ麺」にしてみたら、なるほど、これもおいしいですね。

雨やったら何とかなるかなと思って出向いたのに、やっぱり待ちました。すごい人気だわ。

相変わらず、すごい行列ですね

季節ごとに新しいメニューが出てくるねと聞いても、並ぶほどの時間がないので食べられず。

行列は覚悟で

お客さんは待つことが前提だと思いますし、いつでも行列ができているものの、雨上がりとか、午後4時頃ならするっと入ることができたりも。

手打ちうどんのおいしさはもう知れ渡っているし、それに加えて、土牛蒡や鶏ささみ、旬野菜などの天ぷらは必ずオーダーするくらいのお気に入りです。

※期間限定メニュー「牛肉と黒ゴマダレの冷たいあえ麺」提供中

豚みぞれうどん

冬の期間限定「みぞれうどん」4種類と新メニュー「つくねうどん」2種類も提供されていて、その中の「豚みぞれうどん」は大根おろしたっぷりで、出汁もおいしかった!

牛肉と牛蒡、油揚げ入りのカレーなど、つけ麺(温冷あり)も人気のよう。鶏ささみか旬野菜の天ざるに、土牛蒡の天ぷらを単品で注文することが多いです。

行列必至

あの界隈では見慣れた光景だと言う方がいるのも納得の、休日ともなれば、1時間待ちは当たり前、相変わらずの長い行列です。

土ごぼうの天ぷらをトッピングに

この土ぼごうというのが、歯ごたえ、香りとも良くて、多くのお客さんが口にしている様子を見ると、これも名物のひとつといった感じがします。

トッピングとして別にオーダーすることもできますから、好みのうどんを食べつつも、土ごぼうの天ぷらもぜひ。


※2008.10.記載「自家製の手打ちうどん、土ごぼうの香り良し。岡崎・山元麺蔵

今回のお店に行くことになったのは、出張に大阪、その週末に京都へやって来た友人の提案です。

ハイアットリージェンシー京都さんまで迎えに行ったら、おいしいうどん屋さんがあるって聞いたから、一緒に行ってほしい、と。

それが、岡崎の手打ちうどん「山本麺蔵」さんでした。個人的には今回で5回目くらいの来店で、やっぱり流行っていますね。

女性には旬野菜天ざるが人気

この日は暑かったこともあって、冷たいざるうどん。

1.青鶏ささみ天ざる
2.青旬野菜天ざる
3.青土ごぼう天ざる

メニューを見て迷いつつも、土ごぼう天ざるに決定。女性には旬野菜天ざるが人気のようで、運ばれていくのを見ていると、わりとボリュームがありますよ。

つるつるしこしこ

友人は、鶏ささみ天ざるをチョイス。レモンを絞って、あつあつを頬張れば、鶏の旨味が堪能でき、つゆに浸してもまた違ったおいしさが。

肝心のうどんは、つるつるしこしこ、歯ごたえと喉ごし、つゆの濃さもばっちりの出来映え。さすが!

本格的な手打ちの讃岐うどん。

切りばさみをお貸ししますというだけあって、うどんが長く、音さえ気にしなければ、一気にズルッといきたいところ。いやはや、これはおいしいですね。

本格的な讃岐うどんを食べられるお店って京都にないので、考えてみると、山元麺蔵さんは貴重です。後日、教えてもらった話によると、鶏ささみや旬野菜の天ぷらは単品でもオーダーできるそうです。

平安神宮の近くです。

温かいうどんが食べたくなる季節ですから、次は、きざみきつねうどんにしよう。これ、以前は大きな油揚げの、おおきつねうどんという商品で、器からはみ出しそうだったんですよ。

岡崎公園テニスコート東側と、地下鉄の駅からは離れてますが、平安神宮や京都市美術館に立ち寄る際にはぜひ。

山元麺蔵さん、いいですよ

ホテルに蕎麦屋さんかうどん屋さんがあったら流行るやろうに、と、友人は言っていましたが、確かにそうかも。

ハイアットリージェンシー京都さんに、次に宿泊することがあったら、山元麺蔵さんに行こうと、きっと言うんでしょうね(笑)

周辺情報:不思議な形のティラミス@菓子・茶房 チェカさん

チェカさんといえば、看板商品であるティラミスということで、先日も食べたのですが、どちらかというと温かい飲み物と合うような気がするんです。チョコレートのタルトをベースにマスカルポーネのムース、それらがホワイトチョコレートでコーティングされ、ローストしたカカオも。

京都市左京区岡崎法勝寺町25
(地下鉄・蹴上駅から10分くらい、京都市動物園の北側の二条通沿いにあります)