アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン エクストラ 490ml×24本
喉越しとして、炭酸は強めに感じます
来店レビューを書くために食べ歩きに出かけると、どうしても食べ過ぎてしまいますから、今までの赤ラベルから「機能性表示食品 ウィルキンソン タンサン・エクストラ」に乗り換えました。

休日のブランチ@ハイアットリージェンシー京都 the grill ザ・グリル

女性だと1,000円の割引がある土曜日に利用されるお客さんが多いような感じがします。ランチタイム内であれば時間制限はなかったはずですから、正規の料金を払っても十分に満足感があるかと思いますよ。

ハイアットリージェンシー京都 the grill ザ・グリル

京都市東山区三十三間堂廻り644-2
(京阪・七条駅から10分かからず、三十三間堂さんの東側)

全館休業

現在、耐震補強工事のため、全館休業となっています。

その前にブランチで利用したので書こうかと思っていたのですが、再開後にも行く予定になりましたから、その際に改めてレビューしますね。

※3月10日(木)再開予定

ザ・ブランチ

友人が一時帰国したタイミングで、共通の知人などと一緒に週末ブランチ会。

ほぼ席が埋まっているような状態でしたから、ブッフェの前菜はどんどん差し替えられ、パンは足りない感じ。それから、メイン料理は、牛肉ステーキが人気(7種類から選択可)だったように思います。

食べ終わってレストランを出る頃には、そのあとのデザートブッフェのお客さんが並んでおられましたよ。

  • 毎週土曜:女性に限り、割引あり
  • 毎週日曜:12歳以下の子供は前菜とデザートのブッフェが無料に

朝食ビュッフェ

以前に紹介した週末のブランチではなく、今回は朝食ビュッフェ。お値段3,000円ほどと、安くはないのですが、その内容はやはり充実しています。

フレッシュジュースにはじまって、ホテル自慢のバゲットやクロワッサン、ベーグルにデニッシュ、オムレツを目の前で作ってもらい、薪窯から出てきた焼きたてのハムのおいしいことったら。

ホテルの朝食は、やっぱりいいですね。


※2013.4.10記載「土曜日には女性を対象にした割引料金に

食前にスパークリングワイン(ノンアルコールのドリンクに交換できます)

前菜はブッフェで、マリネなどのサラダっぽいものから焼き野菜、ラタトゥイユなどの軽い煮込み、それに田舎風パテやテリーヌ、フリットなど、時期によって内容が替わりつつ20種類ほど。

地図:Google Maps

メインは、8種類ほどの肉料理または魚料理の中から選び、頃合いをみて運ばれてきます。こちらはソースが凝っていて、毎回の楽しみのひとつです。

ほかにパンも数種類、濃厚なバターも添えられていますし、食後のコーヒーまたは紅茶に、デザートも本格的で、クリームブリュレが用意されていることも。

おすすめは、メイン料理とデザート

メイン料理は、その日の素材と調理の方法、ソースまで書かれてあり、ステーキフリットとフライドポテトは定番として用意されています。デザートは、ホールを切り分けたケーキのほか、ムースや焼きプリン、フルーツパンチっぽいものもあれば、バニラアイスやシャーベットなども。これも入れ替わります。

前菜は野菜が多め、ほかにスープ(時期によっては温冷とも)も。ホテルでローストされたハムやソフトサラミ、リエット、ピクルスやオリーブなどもあって、ワインやビールのおつまみにもなると思います。

休日の昼下がりをゆっくり過ごす

今まで何度も利用してきた印象では、接客がいいという点からして気分を盛り上げてくれます。

メイン料理は、店内に設置されている薪のオーブンでグリルされ、そこそこしっかりした量ですので、前菜がおいしくともあまり食べ過ぎないように気を付けて、それに食後のデザートのこともありますから。

それと、人気のデザート。

濃厚なマスカルポーネでおいしく仕上がっているティラミス、ベイクドもしくはレアのチーズケーキなど、たくさんの種類が並べられています。クリームブリュレが早々に品切れになったこともあるし、そうそう、チョコレートムースもおいしかったです。

席数は100以上、予約が必要なこともあって、グループでも席をちゃんと確保できます。また、テラス席もありますから、季節のいい時なら外での食事もおすすめ。


※2010.1.6記載「京阪・七条駅のイタリアン:ハイアットリージェンシー京都で、ブランチ。

友人の常宿でもあるのでたまに行くのですが、今回はホテル内のレストラン「ザ・グリル」の週末ブランチを紹介します。

最初にスパークリングワインがテーブルで注がれ、前菜はブッフェで好きなものを、大きなパンも運ばれてきます。

メイン料理は薪のオーブンで

メイン料理は月替わりの5種類(サイトにメニューあり)から選び、食後のデザートもブッフェで、コーヒーか紅茶もつきます。

前菜にはシーザーサラダ、シーフードグリルやローストビーフなど、それとグリッシーニが香ばしくておいしいんですよ、これはきっと人気のはず。

こちらは薪のオーブンを備えたレストランですから、メインは焼きもので、牛肉のステーキが定番ながら、京都産ポークや日替わりの魚もおすすめです。

で、圧巻はデザート。

小さめのケーキからグラスに入ったババロア、そのほかにはロールケーキ、アイスクリームにクレームブリュレまで。

日曜日のみだったサンデーブランチに土曜日も加わってしばらく経ちますが、ちょっとした混雑だったことから、もうすっかり定着しているようです。

通常なら3,950円のところ、土曜日の利用で女性なら2,950円です。(ともに10%のサービス料が加算されます)

テラス席、ホテルのあたりを散歩。

いいお天気だと窓越しに見える木々がまぶしくて、初夏からはテラス席も用意され、ブランチのオーダーも可能です。

ホテルのあたりを散歩するのは、ほんと気持ちいいんですよ。

デザートがたっぷり用意されていますから、食べ過ぎると、食後に動くのが億劫になりますが(笑)