旬のフルーツのタルト@PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)

味わいも見た目にもデザインされた代表的なケーキ、ショコラとピスタチオ、ベリーが層になっている「エメ・ブロン」が看板商品。

ほかに、タルトとパイ、ショートケーキが、季節ごとに入れ替えられながら並んでいます。

PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)

京都市下京区仏光寺通東洞院東入ル南側
(地下鉄・四条駅の出入口5番から5分かからず、洛央小学校の向かいあたり)

シュークリーム

何か手土産を調達しなければと、サイトをチェックしてみると、前回からかなり間が空いていたので、さっそく行ってきました。

数が必要ということで、シュークリームにしたのですが、ケーキも食べてみたくなり、用件を済ませて2回目の来店(笑)

シブーストやらアプリコットのタルトなど、見た目にかわいく、そしておいしいです。

無花果のカラメルパイ

季節のタルトがおいしいというのは、以前にも書いたことがあったはず。

最近だと、ほろ苦さと甘さが相まった2種類のグレープフルーツや、大粒のプルーンをアーモンドクリームで包み込んだようなタルトが良かったですね。

それと、無花果のカラメルパイ。

赤ワインで煮たコンポートがごろりと入っていて、カラメルをアクセントに、ストレートの紅茶と実によく合いました。

タルトとシブースト

ここ最近に食べた中で、特においしかったケーキを2つ紹介します。

金柑のタルト。金柑とクルミが生地に、そこに栗の渋皮煮がトッピングされており、その金柑というのがコンポートで、食感と香りのアクセントになったタルト。

もうひとつが、八朔のシブースト。

まったりしたムースとキャラメリゼのほろ苦さのバランスがいい。

どちらも柑橘のフルーツがポイントで、おすすめしてもらったものです。

ミニョンやシブースト

生のままクリームとともにのせて仕上げられたものもありますが、大きめにカットした旬のフルーツを入れて焼き上げたタルトが常に何種類か用意されています。

どんなものがあるのかと、毎度これを楽しみに足を運んでいる感じ。

クリームやコンフィチュールをアクセントにタルトを台にしたケーキ(ミニョンやシブーストなど)もあって、タルトショコラやチーズタルトあたりもおすすめ。

山型の食パンも

ショーケースにはムースやモンブラン、チーズケーキ、ロールケーキ、ほうじ茶のプリンなども並んでいて、最近は山型の食パンもよく売れているようですよ。

また、2階のカフェではケーキセットのほかに、クロックムッシュまたはクロックマダム、キッシュ(いずれもサラダ付き)などがあり、ワインやビールも提供されています。


※2010.10.13記載「京都・四条烏丸のケーキ店:プチジャポネさんで、タルトとシブーストを

移転後にカフェを併設、通りからでもガラス越しにショーケースの中が華やさが見えますよ。四条烏丸から10分くらい、四条駅の一番南(5番出入り口)からだと東に約100mです。

真っ先に選んだシブーストは、ふわっふわのクリームがたまりません。春夏はフルーツ、秋冬は和栗や紅玉、ナッツ、ちょうど今はフランス原産の無花果がイチオシのよう。

シュークリームはよく手土産にします

全体的なイメージとしては、ホテルのカフェで見かけるようなケーキで、見た目の華やかさと、口に入れた時の芳醇さが特長といった感じです。

こちらは焼き菓子やマカロンなども人気があるようで、シュークリームは皮に独特の食感があり、お茶菓子としてビスコッティもおすすめです。

移転後から話題に

角にある郵便局(京都東洞院仏光寺局)のすぐ近く、市立洛央小学校の斜め向かいくらいにあって、目印としては白い木製の看板と黒板が通りに置いてあります。

以前の堺町通二条上ルの店舗から移転後、2階と3階がカフェに、午後2時からは軽食も提供されるようになり、席数は少ない(確か8席)ながら穴場のカフェだと思います。

カフェでのんびりとケーキを

お店の外観や店内に派手さのようなものはなく、接客についていえば丁寧すぎるくらいの対応なのですが、ことケーキに関しては、華やかさがたっぷり(笑)

フルーツ系のタルトでは生のもの以外に、焼き上げて仕上げてある場合には味わいが濃厚で、オレンジピールなどで香りが潜ませてあって、見た目で楽しんで、口に入れて感じるケーキといったところです。

2階がカフェになっていますから、買物の帰りにでもぜひ。