チーズケーキとスコーンと季節の紅茶@河原町丸太町ミスリム

白を基調とした内外装に店内の装飾や調度品、それに接客とサービス、おいしいケーキが若い女性に人気の紅茶専門店。

その紅茶は定番から季節もの、新茶など、丁寧な説明が記載されたリーフレットが用意されていて、ロイヤルミルクティーやチャイなどはカップで、そのほかはポットでの提供(アイスも可)です。

MISSLIM Tea Place(ミスリム)

京都市上京区河原町通丸太町下ル西側
(京阪・神宮丸太町駅から5分くらい、河原町丸太町の交差点から20mほど南へ)

2階席

あの外観だからか、紅茶専門店だとは思いませんでしたと、おすすめだと伝えたら、そう返ってくることもありますね。

(確かに、ブティックっぽく見えるかも)

待ち合わせをしていたので向かったら、2階席へと案内してくださり、ここは窓から街路樹が見え、席数が少なくて特別な感じなんですよね。

熱々のアップルパイやベークドチーズケーキ、スコーンはほぼ定番で、タルトは季節で入れ替わって、チョコレートケーキやシフォンケーキはあったりなかったり。

紅茶はポットでサービスされますから、のんびりできるのもいいところ。

それと、カップでの提供になりますが、ロイヤルミルクティーもおいしかったですよ。

季節の紅茶とケーキのセット

紅茶はポットで提供されますから、ある程度の時間をかけるつもりで出向くようにしていて、それとケーキは、今回は5種類(タイミングによっては品切れの時もあります)

定番のベイクドチーズケーキとアップルパイを選んで、ふたりだったので半分ずつ食べ、おすすめの紅茶は、ふんわりと柑橘系の香りが立つ、爽やかな感じのものでしたよ。

ケーキは5種類ほど、ケーキセットあり

スコーンは当然のこと、紅茶に合うように仕上げられたベークドチーズケーキは人気があるようですし、個人的にはアップルパイやティラミスも好きで、あれば注文します。

雑誌で特集される京都市内のカフェの中に入っているのも当たり前となった今でも、オープン当初から変わることのない雰囲気とサービスが何よりうれしい。

そんなこともあってか、女性ひとりのお客さんがとても多いのです。


※2013.5.22記載「京都・河原町丸太町の紅茶専門店:ミスリムさんで、ポットサービスの紅茶とアップルパイを

多くのお客さんが何種類かの中から選ぶことができるケーキセットを注文されていて、しっかりした味わいのチーズケーキのほか、アップルパイは温められて出てきますよ。

紅茶は多種多様、迷った場合は遠慮なく好みなどを伝えて、おすすめを訊いてください。また、喉が渇く夏場にはぴったりの、アイスティーにしてもおいしい紅茶もありますよ。

最近では週末だと、2階席までいっぱいということもあり、人気の紅茶専門店として雑誌などで紹介されているのを見かける機会が増えました。

ミスリムさんには、のんびりした時間が流れているような、そんな感じも気に入っています。

おすすめは、ポットサービスの紅茶とアップルパイ

紅茶には定番もののほか、季節もの、おすすめなどがあり、基本はポットサービスです。これとアップルパイなどから一つ選ぶ「ケーキセット」が1,250円、紅茶をダージンリンにした場合は1,350円です。

ストレートで味わったほうがいい茶葉もあれば、ミルクが合うもの、アイスティーでもおいしいものなど、たくさんの種類が揃えられています。ポットで提供されるこれら以外に、ロイヤルミルクティーやチャイのようにカップで出されるもの、それとコーヒーやジュースもあります。

ケーキは日替わり

ベイクドチーズケーキやアップルパイ、シフォンケーキ、スコーンは定番のようで、それにあと何種類か追加になっていることもあって、店内のボードに書かれています。

アップルパイは直径8cmほどの円形で、温められた状態で出してくださり、これがおいしくって、よく注文します。ケーキはちょっとという時なら、スコーンもおすすめ(甘めのクリームがよく合っていい感じ)ですよ。

内装と調度品が素敵

紅茶は、特にこれといった銘柄を決めているわけではなく、いつもおすすめを教えてもらってオーダーするようにしていて、味わいや香りを楽しむようにしています。

ミスリムさんの外観の感じや内装、調度品、席の配置など、サロン風の雰囲気が心地よく、長居されるお客さんも多いはず。ぜひ、のんびり過ごすつもりで出向いてくださいね。


※2012.1.18記載「京都・河原町丸太町でティータイム:ミスリムさんでアップルパイを

最近、雑誌に掲載されているのを見かけることが増えました。また来てみたいと思わせるものがあり、何度も通うお客さんもいるんじゃないでしょうか。

お店の前は河原町通ですから交通量が多くて騒がしい場所ですが、雰囲気にしても接客にしても、とてものんびりした感じで長居したくなります。

紅茶はポットで、アップルパイやケーキ、スコーンも用意されていますから、時間をかけて楽しむつもりで出向いてみて下さい。

紅茶:専門店なのですから当然なのですが、種類が多くて、その中には国産のものも。迷ったら、好みを伝えるなどして選んでもらって下さい。フレーバーティーやハーブティー、チャイなどもありますよ。

おすすめ:定番のほかにも、おすすめと季節限定のものが用意されていて、ちょっと珍しい感じのものが選ばれているように思います。アイスティーで注文できるものもあります。

アップルパイ:丸く小さなもので、それほどしっかりした感じではないものの、紅茶と合わせるにはちょうどいいくらいでおいしいです。やはり人気のようですよ。

ケーキ:今までのところ、ベークドチーズケーキやパンプキンプリン、シフォンケーキやパウンドケーキ、ティラミス、スコーンなどがありましたが、たぶん入れ替わっているんだと思います。

お客さんが増えているようです

春先のオープン当初は、それほどお客さんが多くなかったこともあって、わりと好きなところに座ることができたし、長居することも、店主さんとお話しすることもできましたが、昼下がりから夕方頃まではもう無理ですね。

ちなみに屋号は、ユーミンのセカンドアルバム(名義は荒井由実)から。店内の棚にたくさんのレコードが置かれてあるように、こちらの音楽はレコードによって流されています。

女性に人気です

吹き抜けの店内には、それは紅茶のカップやポットからはじまり、吟味して選んだであろう調度品や小物、それに額縁に何かが入れられていると目を凝らしてみれば、それは建物の構造部分が見えるようになっていたり、外の街路樹が揺れる様を横長の窓で切り取ってあったりと、いろんな要素があります。

店主さん(男性)の人柄もあって、店内は和やかなムードで、紅茶のことも快く説明して下さいますよ。ぜひのんびりと楽しんでみて下さいね。