一汁三菜のカフェ@まつは

何かと話題が多くて人気の御所南エリアに、京町家を改装して、2014年2月オープン。和食をテーマに、一汁三菜などの定食が用意されおり、女性のお客さんが多い感じがします。

※昼夜ともメニューは同じで、カフェとしての利用も可

まつは

京都市中京区二条通富小路東入ル南側

カフェだけど、定食あり

食事としては、「一汁一菜」「一汁三菜」「本日のお食事」「パン食」というセットがあります。

漆器のお盆に、旬を織り込みながらの献立が主菜と小鉢として盛り付けられており、お昼は一汁三菜、夜は本日のお食事がよく出ているようです。

こちらの雰囲気がすごく好きで、たまに思い出したように行きます。基本的なスタイルとしてはカフェなので、ケーキやドリンクといったオーダーでの利用も可能ですよ。

一汁三菜と本日のお食事

野菜を多めに、あまり手をかけないで、しかし調理は丁寧にといった感じが、食べてみるとよく分かるし、非常においしくもあります。

お盆や器にしても、これまで買い集めてこられたのでしょうか、色合いなどを考えて、その日のお料理に合わせて選んでおられるような気がしますね。

※まつはさんは、以前に公開していた「定食屋さんの特集ページ」を作るきっかけにもなったお店

和定食

一汁三菜などの定食が用意されていて、これらが、丁寧な調理であろうことが感じられる内容なのです。

そして、その名称からも分かるように、和定食といった感じ。

夜定食っぽい位置づけの「本日のお食事」は、一汁三菜に、前菜とデザート、飲み物をセットにしたものです。

初来店の際に、たぶんこれからお客さんが増えるだろうと思ったのですが、最近そのようになってきたような気がします。

京町家の定食屋さん

京町家をほどほどに改装してあって、奥には広めの庭も。

一汁三菜のほか、定食がいくつか用意されていて、お料理の取り合わせ、その味わいがなんともほっこりするのです。

オープンからそれほど経っていませんから、今はまだのんびりした感じですが、お客さんがどんどん増えていくなと思わせるものがありました。

おっと、コーヒーだけといった利用でも歓迎とのことでしたよ。


周辺情報:タイ風の焼きそばパッタイ@タイ料理カフェ カティさん

京都市内のエスニック系だと、人気店のひとつ。パットカパオ(茄子と牛肉のバジル炒め)は、ご飯に合う濃厚な味付け。炒め物をはじめ、ビールとの相性もいいと思いますし、お粥まで食べると満腹になるけれど、やっぱりおいしい。

京都市中京区夷川通麩屋町西入ル南側、WOODSビル2階