蔵元直営店の日本酒と肴@遊亀 祇園店

金亀・大星の両銘柄の、定番から冷やおろしなどの季節ものまで、グラスと徳利で提供する蔵元直営店の居酒屋さん。

魚を中心とした日替わりが50ほどあるでしょうか、それに壁の短冊なども含め、日本酒に合う料理がたくさん用意されていて、平日でも満席になる人気店です。

遊亀 祇園店

京都市東山区花見小路通四条上ル、1筋目を西に入って、1つ目の十字路にあります
(切り通しからだと、四条通から北へ1筋目の北西角)

宴会の最後に、粕汁

混雑する時期(といっても、年中にぎわっていますが)ということで、開店と同時に宴会スタート。

振りのお客さんが店前で並んでおられましたし、それからも続々と、あっという間に席が埋まっていきます。

この日は宴会でしたから、好きなものを注文することはできませんでしたが、ふぐ刺し、南蛮漬けから始まって、蒸し牡蠣、鮒寿司など10品ほど出てきて、最後の粕汁(確か単品で200円)まで、おいしかったです。

蔵元直営店といえども、グラスから溢れるほど注がれてもお手頃で、まさしく老若男女が集う大衆居酒屋といった感じですね。

四川風の胡瓜

「同僚に聞いた」と、次の出張時に是非とも案内してほしいと、そして、その日と相成ったわけですが、飲む気満々の様子(笑)

日替わり(メニューには“本日の出演者“と書いてある)から選べば、外れはないし、魚介は生もいいけれど、実のところ、焼きもおすすめ。

それから、里芋の旨煮の唐揚げも、ホクホクでおいしかったです。

なぜか、隣席の方から「四川風の胡瓜がおいしかった」と、そうおすすめされれば、注文しないわけにはいきません。

叩き胡瓜に自家製の食べるラー油がかかっているといった、遊亀さんにしては珍しい品だし、箸休めにちょうどいいかも。

酒の肴

やっぱり、お料理は魚介から出ていくそうです。

ひとりなら3種盛りがいいだろうし、煮付けや焼き物、天ぷらにフライ、それから鯖寿司もよく出るんだとか。

上階の座敷席だったので、ちょっぴり残念でしが、和気藹々とした雰囲気を楽しむなら、1階席ですね。

金亀

蔵元さんの直営ということもあって、「金亀」銘柄の日本酒が、季節ものや限定を含めて揃っています。

それがまた、手頃な価格で提供されているとあれば、そりゃ、お客さんが多いのも納得で、おつまみとしては、海鮮を中心に旬のものが並び、その数ったら相当のもの。

読者さんから「タバコの煙が気になる」と指摘がありましたが、これは確かにそうですね。

宴会もできます

酒蔵直営+祇園で安く飲むことができるのだから、大賑わいは必至。

ひとり酒というお客さんを配慮してか、お料理は全体的に、少量で小皿に盛りつけられてあり、あれこれ注文できるのがいいところ(日替わりの一品は、手書きのメニューに)

3階には広間もありますから、宴会も可能ですよ。

賑わう店内で飲む、おいしい日本酒

受け皿に溢れるほど注がれ、グラスで220円〜というのだから、日本酒好きにはたまらないわけで、口から迎えにいく姿があちこちで見られます。

お料理は、その日のいいところをお造りで、それから天ぷらまたは唐揚げ、フライもの、そうだ、炙りものですね、塩っけが日本酒とよく合いますよ。

祇園の切り通しにあります

オープンが2009年12月ということだから、まだ3年ほどだというのに、祇園でも人気の居酒屋さんとして知られるようになりましたね。

取り立てて安いといった感じはないのですが、酒の肴も楽しみと、お客さんの評判も上々の料理の数々ですので、おなかを空かしてぜひ。

そんなことを書いておきながら、平日でも夕方の早い時間帯から満席になったりもします。